FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



2018年7月16日~22日
☆人工透析を導入したとき、東大のドクターはボクの余命を5年と宣告したけれど、ボクはそれから31年も生きています。お医者は神様ではありませんので、もしも余命を宣告されたりしたら、どうかご自分の生きようとするエネルギーを、もっと信頼してあげてください。
 さて、この日誌は透析患者が病人ではなく、機械に腎臓の代わりをしてもらっているだけで、普段は一般の人と何ら変わらなく暮らしていることを知っていただくためのものでもあります。また、この日誌のほとんどはリアルな出来事ですが、ごくまれには嘘や冗談も書かれています。ただし、嘘は嘘らしく書かれてありますので、その判断のできないお子様たちは、どうか常識のある大人と一緒にご覧ください。また、難易度に関係なく、熟語や固有名詞などの漢字に振り仮名をしていることもありますが、これは視覚障碍者のための音声ガイドをサポートするためのもので、決して皆様がこの漢字を読めないと思っているわけではございませんので、その点はどうぞご理解ください。


0716・月・海の日・閻魔参り・藪入り・お盆の送り火・

 7月16日は駅弁記念日だとミス「おはよう一直線」の檀れいさんがいっている。宇都宮駅で竹の皮に包まれたおにぎりと沢庵を販売したのが駅弁の始まりだといっている。果たして海苔は巻いてあったのだろうか。巻いてないと指に御飯粒がついて面倒臭いよね。でも、海苔は高級品だから、となると高くなってしまうよね。どうだったんだろう。ちょっと気になるよね。

 1945年、昭和20年の今日、米国ニューメキシコ州アラモゴードでアメリカが世界で初めての核実験をやらかした。そしてこの年の8月、広島と長崎にその原子爆弾を落っことした。砂漠の砂の上でなく、人間の頭の上で爆発させたのだ。砂漠での核実験でも危険の要素は数え切れなくあるのに、人の暮らしの上での核実験は言語道断歩道橋、許せない。広島長崎への原爆投下で、アメリカ軍はどれだけの人体実験の資料を獲得したことだろう。広島長崎への原爆投下はソ連への威嚇行為であると同時に放射能に関する人体実験だったのだ。白人社会にとって有色人種の命は限りなく軽い。レイシストのトランプが鼻息を荒くしているこの時代、これは覚えておいた方がいいだろう。

 1972年、昭和47年の今日、大相撲名古屋場所でハワイ出身の高見山が初優勝を遂げた。外国人力士による初めての優勝である。ボクは高見山という力士が好きだったので、とても嬉しかったはずなのにまるで記憶にないということは、ボクが日本にいなかった、ということになる。このとき、ボクはバックパッカーとしてヒッチハイクをしながらロンドンからネス湖を目指していたのです。本気でネッシーに会えると思って旅を続けていたのです。純粋で純情だったのです。いくらハンサムな高見山でもネッシーとは勝負になりません

 目覚めたら5時のニュースをやっている。ワールドカップでフランスが優勝したことを知る。前評判の通りです。それにしてもベルギーの3位はよかったね。ベルギーにとって日本戦が刺激になったといってるらしいが、同じマンションのベルギー人、ニコラも喜んでいることだろう。ニコラは犬仲間で、飼い犬のフレブル、フレンチブルドッグでハレンチブルドッグではありません、のレオポルド君とアルルは大の仲良しなのです。で、ボクもベルギーの首都ブリュッセルを幾度か訪れたとき、有名な小便小僧のあまりの小ささに驚いたり、にわか恋人との別れの食事をするタイミングだったりで、ベルギーにはいろいろな思い出があり、とても好きな国なのです。ちなみにニコラはフランスエリアのベルギー人。ときどきボクもインチキフランス語を使わせてもらいます。通じるのが不思議です。

 列島酷暑である。そしてアンハッピーマンデイである。ハッピーマンデイをいいことに病院は月曜日の透析を休日扱いにして採血検査をパスしたり、勤務体制を休日扱いにして経費節減に情熱を燃やす。おかげで午後の早い時間から透析室に入室を迫られ、患者の苦労が倍増する。単独行動ができないボクのため、コボちゃんは勤務先から飛んできて、昼休みを犠牲にしてボクを病院に連れていく。こういうとき、勤務先が歩いて3分、ということだけがありがたい。

▲ 木陰から日傘開いて歩き出す


0717・火・

 1971年、昭和4年の今日、登山家の今井通子さんが女性では世界で初めてアルプスの三大北壁を征服した。マッターホルン、アイガーに続き、グランドジョラスの登頂に成功したのである。実はボク、その翌年の1972年、スイスはアイガー北壁を望むグリンデルワルドの美しいホテルのレストランで今井通子さんとお茶を飲んだことがある。そのとき偶然一緒に旅をしていた看護師さんが登山マニアで、今井さんに声をおかけしたところ、それじゃお茶しながらおしゃべりしましょうよ、というとになったのである。この年の欧州放浪はは不思議な旅で、同じ日に乗った登山列車の車内で詩人で絵本作家の岸田衿子さん、この方、岸田今日子さんのお姉さんで、いきなり親しくなって、その後も長くお付き合い、いただくことになったりした。同じくスイス、チューリッヒでは大学マンガクラブの同輩、ローマはトレビの泉で高校剣道部の先輩、パリのシャンゼリゼでは高校の同級生、同じくシャンゼリゼのカフェではベルリンフィルのメンバーにシャンパンで誕生日を祝ってもらう、というように素敵な偶然と出会いが次々に発生する不思議な旅だったのである。本当は思い出せばもっともっと列挙できるのですが、このくらいでやめておきます。1972年の夏はボクの人生の大きな夏休みだったのです。

 TBSラジオ「おはよう一直線」情報によると本日は東京の日だそうです。慶応4年の今日、江戸が東京と改名されたことを記念する日です。当初、「東京」をどう発音するかが話題となり、素直にとうきょうと読む人もいれば、いやとうけいだと主張する向きもいたらしいのですが、さすがトンキンと読むトンチンカンはいなかった、ということです。普通に考えれば、東の京都という意味でとうきょうでいいのでしょう。

 デイキャッチ、荒川狂鶏、あんたそんなに偉いのか。自分の名前がついた番組だからといって、そんなに偉そうでいいと思っているのか。国会担当の沢田記者を沢田君、沢田君と呼ぶのはおやめなさいな。かなり聞きづらい。以前、国会担当が国会王子の異名をとるTBS政治部の武田一顯(たけだかずあき)記者だった頃はそんな言い方してなかったよね。裁判芸人の阿蘇山大噴火氏を阿蘇山君と呼んでいたことも不愉快だった。けれども相手によってはやけに卑屈になったりして、荒川狂鶏という人物、とってもチンケな人柄なのに、TBSでどうしてそんな力を保持しているのだろう。彼がTBSに登場した頃から不思議でならないのです。

 夕方からコボちゃんと猛暑のお出かけである。親しくさせてもらっている田辺さんとその息子たち、といってもアラサーの子どもたち、田辺兄弟と経堂駅での待ち合せ。おしゃべりと楽しい食事に誘われたのである。選ばれた店はオリジナル中華レストラン、経堂西通り商店街、「彩雲瑞」(さいうんすい)。以前よりもはるかにおいしくなっていて、感動。ここ、お勧めです。前はまずかったのに、おいしくなった、おいしくなったと騒いでいたら、コボちゃんに叱られた。どうもボクは口が軽くていけません。でも、本当においしかったのです。

▲ 乾杯のビールみるみるみんな汗


0718・水・

 1970年、昭和45年の今日、日本で初めての光化学スモッグの発生が東京都杉並区で確認された。高校のグラウンドで運動をしていた生徒たちが突然目の痛みや頭痛を訴えて病院に運ばれたもので、これが光化学スモッグと判定されたわけだ。幸いなことにボクは光化学スモッグを実感したことがないのだが、当時はよっぽど東京の大気の状態が悪かったのだろう。この時代、ボクは渋谷の代々木オリンピック公園を見下ろすコンクリートの社宅に暮らしていて、当時は学生イラストレーターになったばかりで、忙しくてあまり外出してなかったのがよかったのかもしれない。光化学スモッグとかPM2.5とか、もしくはサリンとかお化けとか、目に見えなくて包まれたらアウト、てな代物はあまりゾッとしません。お化けはゾッとしますけど。

 夏休みのよき思い出のひとつが高校3年生の美術部、夏休みの合宿で榛名山を訪れたことである。ユースホステルで過ごしたのだが、そこで合宿をしていた群馬医大のクラシックギター部の素敵なお姉さん、藤井H子さんと知り合って文通をしたり、影響を受けてギターを覚えたり、人形劇団プークの山根宏章さんという天才役者さんと知り合って、やがては人形劇団ポポロのお手伝いをさせていただくようになったり、人生登り始めの素敵なハプニングの発信地である。この榛名山の中腹にあるのが伊香保温泉。この伊香保ってどんな意味があるのだろうと思っていたらNHKマイ朝ラジオでご当地の人が解説していた。伊香保の語源はアイヌ語のイカホップで、たぎるお湯という意味であるらしい。江戸はアイヌ語の平らな所、富士はアイヌ語の高い所を示す言葉だと聞いたことがあるけど、もしかしたら記憶違いかもしれない。いずれにせよ日本列島はアイヌの暮す土地で、それをボクらヤマト民族が奪ったのである。

 京都で40度まであと少しとか岐阜で38度を超えたとか、暑さについての恐怖の話題があれこれ伝えられているけど、そんな暑さの中で電気が止まったとか、エアコンが壊れたとかになったらどうしよう。この酷暑列島で熱中症で命を奪われる人の数が鰻登りとなっている。冬は凍死、夏は熱中症。そしてちょうどいい春と秋はどんどん短くなっていく。快適と便利さを引き換えにして地球はどんどん暮らしにくくなっていく。

 お天気おじさんの森田正道(もりたまさみち)君が、この暑さを千年猛暑と呼ぼうと提案している。この猛暑、平安鎌倉以来の暑さであるというのだ。古い樹木の年輪調査によると、歴史上その頃がいちばん暑かったというのだ。けど、もっと古い樹木を調べればそれ以上暑い時代のこともわかるはずなんだけど、そんなに古い樹木、どこにもないもんね。森田君によると今夜はスーパー熱帯夜になるらしい。このままどんどん暑さがエスカレートすれば猛暑日なんて言葉では間に合わなくなり、酷暑日とか獄暑日とか、新しい基準が生まれるかもしれない。この地球、もう我々の知っている地球ではなくなりつつある。

▲ この頃は暑さ以外の話なし


0719・木・

 1980年の今日、モスクワオリンピックが開幕された。社会主義圏最初の開催だったがソ連によるアフガニスタン侵攻にアメリカがボイコットを宣言、日本も同調した。これにより多数のアスリートが出場をあきらめなければならない事態となった。アメリカに右へ倣えは安倍政権だけの得意技ではないのだ。

 ここは日本動物高度医療センターの四階のいつもの待合室。ボクとコボちゃんはアルルの診察が終わるのを待っている。アルルは獣医の高木先生にリードで導かれ、うきうきと歩いていった。先生を心から信頼しているのだ。
 さっきから小さな音でテレビがかかっている。いい年をしたおじさんおばさんが井戸端会議をやっている。馬鹿みたい。ひからびたオレンジを無理矢理ジューサーに突っ込んで、なけなしの果汁を搾り取り、それを悪い水でどんどん希釈するような、そんな議論をやっている。つまらん事件ばかりなのである。この暑さだもん。人間だって事件を起こすような気力を奪われている。元気なのは天然自然、暑さだけ。

▲ 氷水飲むよりいっそかぶりたい


0720・金・上弦・

 1969年の今日、アメリカのアポロ11号が人類史上初めて月面着陸に成功した。猿から進化した人類の代表として初めて月面に降り立ったアームストロング船長は、これは人間の小さな一歩に過ぎないが、人類にとっては大きな飛躍である、と地球にメッセージした。この年はボクの最初の個展「空」を開催した年。ボクは学生で高校時代の美術部の相棒、吉川清君の家に泊まっていて、アポロが月面を離れる瞬間の月面からの生中継を一緒にウォッチした記憶がある。もちろんこの生中継はリモートコントロールによるものである。撮影者を月面に置き去りにしたわけではない。でも、わかっていても心配したよね。

 ここは北軽井沢。暑さを避けての北軽井沢である。アルル静養のための北軽井沢である。で、もちろん猫のミミコも一緒である。自発的に朝の散歩に出たミミコ、ときどき声を上げてクラスター北軽井沢スタジオで朝寝坊をしてるボクに、お前もこいと呼んでいる。やがて太陽が高く昇ればウグイスがいい声で鳴き始める。それに対抗してミンミンゼミも勢いよく声を上げる。やけにでかい声である。あれ、本当に声って呼んでいいのかしらね。

 午後になるとラジオが雷雲の発する電波を捕えてガリガリとつぶやくようになる。そのうち遠雷が聞えてきて本物の雷雲が近づいてくる。冷たい風が吹いて涼しくなるのはありがたいが、雷が近くに落ちればアルルはパニック。数年前のように家から逃げ出して行方不明になるかもしれない。そこでコボちゃんが風通しのために開けておいた一階の扉を閉めて歩く。大きな別荘スタジオはありがたいが、こういうときが苦労なのだ。やがてヒグラシが鳴きはじめ、もう雷の心配がなくなってありがたい。

 夜10時、ニュースを聴こうとNHKラジオをつけたら安倍晋三が記者会見なんかやっている。声を聞きたくないので直ちに消してしまう。確か今日は国会最後の日。賭博法案か何か、また強行採決をやらかして、言い訳をしているのだろう。この人、いつも言い訳ばかりしている。ラジオを消してしまったのでパソコンの中の音声映画「ルドルフといっぱいあってな」をコボちゃんと一緒に観る。このアニメーション、以前から北軽井沢スタジオでコボちゃんと一緒に楽しみたかったのである。コボちゃん、この映画、とても喜んでくれて、ああ、よかった。

▲ ぶつぶつと雷予報ラジオかな


0721・土・土用の入り・土用の丑・

 2011年の今日、最後のスペースシャトル、アトランティス号がフロリダ州のケネディー宇宙センターに着陸した。それまで日本人7人を含む各国の宇宙飛行士350人が乗り組み、世界の宇宙開発を先導してきたスペースシャトルが、その30年の歴史を閉じたのである。ああ、勿体ない。お金がかかり過ぎたのかなぁ。惜しいなぁ。ジャンボジェットが開発当時のスペースシャトルを背中に乗せて、親子亀スタイルで空を飛んでいたのが懐かしい。最初の打ち上げのときはボクも目が見えていて、ずいぶん興奮したのを覚えている。プラモデルも作ったよな。絵本にも登場してもらったな。失明してからも描かせてもらったな。そのフォルム、今もしっかりと頭に刻まれているのです。スペースシャトル君、いつも連れて歩きたいよな、とっても可愛くて素敵な形です。

 群馬県伊勢崎で38度を超えたと聞こえてきた。そこがどれくらい遠いのか知らないけれど、同じ群馬県のここ北軽井沢でも殺人的な猛暑となっている。そして午後から温泉街の草津に近い、とはいえやはり同じ群馬県の山の透析室で透析を受け手いた。とにかくこんな暑いの初めて。冷房がまるで効いてない感じ。仕方ないからダイアライザーから戻す血液の温度を下げてもらった。もう、それしかないのである。
 いつもだったら北軽井沢は涼しい。朝と夜はもちろん、いつも涼しい。夏なのにストーブが必要なほど涼しい。ま、そういうのを寒い、というんだけどね。でも今年の北軽井沢、朝夕以外はただただ暑く、そのこと以外、何も考えられなくなる。涼しいのは夕方からのヒグラシの声だけ。ヒグラシさん、ありがとう。
 で、土用の丑の日ということで、ヒグラシの声と鰻の蒲焼を肴に一杯やってたら、いきなりコボちゃんが蝉の話題。ヒグラシさんだかどうだかはわからないのだけれども、木から落ちて倒れていた蝉さんをコボちゃんが発見。もしかしたら熱中症かと思い、樹液を吸ってもらおうと木の幹にすがらせてあげようとしたら、オシッコをかけられて飛んでいった。というのである。
「セミって本当にオシッコをかけるのね!」
 そういって感動するコボちゃんだったけど、オシッコは黄色かったといっている。

▲ この猛暑鰻食っても間に合わぬ


0722・日・

 午後3時半、上方演芸会を聴こうとNHKラジオをつけると大相撲が始まっていた。本日は千秋楽で、いつもより早いのだった。御嶽海の優勝が決まっていて、あまり熱い取り組みは期待できないのに客席は異様な熱気に包まれている。それもそのはず。千秋楽の今日の名古屋は39.5度と文字通り殺人的な暑さに見舞われているのだ。冷房が効かなくなったらもう大変。取り組みも観客も熱くならない方が見の為なのである。そんな愛知県体育館には申し訳ないけれど、ここ北軽井沢高原ではヒグラシが鳴き始め、別荘村に涼しさを送ってくれている。今年は山が乾いているせいかヒグラシもミンミンゼミもやけに声が美しい。

「あんた、ここで何をしてんの。あんたのおうちは外でしょう!」
 コボちゃんが話しかけているのはカマドウマの赤ちゃん。このカマドウマ、大きく成長するとちっとも可愛くない。コオロギみたいに美しい声で鳴くわけでもなく、でかい図体でただ無駄に餌を消費している。何を食べているかは知らないけれど。というわけでこのカマドウマのベイビー、コボちゃんが蜘蛛さんたちにしてあげてるのと同じようにティッシュのパラシュートに包まれて、やんわりと窓の外へ放り出されたのである。

 最近、きむらゆういちとのご縁で知り合いにさせていただいた直木賞作家の辻村深月さんの作品にはまっている。今夜も「冷たい校舎の時は止まる」のラスト部分をコボちゃんと一緒に聴いている。この作品、上中下の全3巻の大長編。その下巻のラスト部分だけでコボちゃんはすっかり魅了させられてしまったのだ。見上げた筆力である。そしてこの作品、辻村深月さんのデビュー作、24歳の筆である。サピエ図書館のプレクストークによる音訳図書の再生だと、このように同じ本を同時に楽しむことができるのだ。でもこれって、厳密にいうと著作権違反なんだけどね。目の見えるコボちゃんはサピエ図書館の恩恵に与ってはならないのです。

▲ カマドウマまたつかまってさようなら

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




FC2 Blog Ranking