FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



2018年6月25日~7月1日
☆人工透析を導入したとき、東大のドクターはボクの余命を5年と宣告したけれど、ボクはそれから31年も生きています。お医者は神様ではありませんので、もしも余命を宣告されたりしたら、どうかご自分の生きようとするエネルギーを、もっと信頼してあげてください。
 さて、この日誌は透析患者が病人ではなく、機械に腎臓の代わりをしてもらっているだけで、普段は一般の人と何ら変わらなく暮らしていることを知っていただくためのものでもあります。また、この日誌のほとんどはリアルな出来事ですが、ごくまれには嘘や冗談も書かれています。ただし、嘘は嘘らしく書かれてありますので、その判断のできないお子様たちは、どうか常識のある大人と一緒にご覧ください。また、難易度に関係なく、熟語や固有名詞などの漢字に振り仮名をしていることもありますが、これは視覚障碍者のための音声ガイドをサポートするためのもので、決して皆様がこの漢字を読めないと思っているわけではございませんので、その点はどうぞご理解ください。


0625・月・

 NHKマイ朝ラジオによると1882年、明治15年の今日、東京は新橋と日本橋の間で馬車鉄道の営業が始まった。公道に敷設されたレールの上を馬が客車を引いて走る鉄道である。やがて馬力は電力となり、市街地を縦横無尽に走る路面電車のシステムへと発展し、夏目漱石の小説に登場するような面々、売出し中の作家先生や書生という名の居候(いそうろう)や富豪遊民といった連中があっちで乗ったり、こっちで降りたりするのである。

 1943年、昭和18年の今日、学徒戦時動員体制が閣議決定された。中等学校以上の生徒や学生の軍事訓練が強化され、軍事生産現場への動員が徹底されるようになる。二度ときてもらいたくない時代であるが、安倍政権を野放しにしておくと、現行憲法を好きなようにいじられて、こんな時代が再現されないとも限らない。未経験なる若者たち、それと不勉強な大人たち、どうかもう一度歴史を振り返っていただきたい。

 久しぶり、腹具合がよくない。ここ数か月、快食快便のおかげで規則的だったトイレライフのリズムが破壊され、今日は朝から晩までトイレに通っている。この不調、オッサンジャパンのせいだと思う。絶対に勝てないはずのコロンビアがレッドカードをもらってしまうという素敵な反則をしてくれたおかげです。日本中が寝不足なんです。調子、狂いまくりです。

 東京は真夏日である。関東地方では各所で猛暑日を記録している。けれども湿度が低く、風のあるおかげでアルルは涼しい顔してる。エアコンに助けてもらうこともなかった。こういう真夏日だったら歓迎なんだけどな。ということで、今年の梅雨明けは早くなるらしい。それも歓迎なんだけど、そんなに早い梅雨明けだと今度は水不足が心配になる。人間とは勝手な生き物です。

▲ 待たされてやっと出てきた冷奴


0626・火・

 1968年、昭和43年の今日、小笠原諸島が日本に復帰した。戦後にアメリカが統治していたのが23年ぶりに施政権が返還され、東京都小笠原村となったわけである。今日で東洋のガラパゴス、小笠原諸島が日本に返還されて50年、というわけである。この年、ボクは慶應義塾の学生で19歳。今から考えると、どうしてあの頃、小笠原諸島を訪れなかったのだろう。24時間以上もゆらゆら船に揺られて到着する、素敵な島であることはわかってはいたんだけれど、やっぱり沖縄に遊びにいけなかったのと同じ理由だと思う。南方の島というと、真っ先に連想されるのが戦争の傷跡なんです。ボク、本当に戦争が嫌いなんです。理不尽に人から幸せを奪い取る戦争という国家行事を憎むのです。

 辻村深月(つじむらみずき)さんの本屋大賞受賞作「かがみの孤城」に夢中になってる。辻村深月さん、きむらゆういちのパーティーとか結婚式で声をかけていただいて、こんなエム ナマエなんかに興味を持っていただいて、素直で魅力的な人という印象があって、以前からサピエ図書館で拝読したいと思っていたのを、推理小説嫌いという性格から、なかなか始めなかったのを、週刊朝日の連載小説「傲慢と善良」でその印象が払拭され、サピエ図書館内で最も人気のこの作品をダウンロードしたのである。そしたら面白いの何のって、たちまち病み付きになってしまったのである。この本屋大賞受賞作だけでなく、これからも辻村深月作品に耽溺していくような気がしてならない。ああ、この「かがみの孤城」、もうすぐ読み終わってしまうの、勿体なくてたまらない。

 夜、TBSラジオ「セッション22」に回したら、おかしなおっさんがおかしな話をしている。子ども生まないのは身勝手な話だとか、この国に食えないで困っている家庭なんか存在しないとか、でかい態度でしゃべってる。えらく時代錯誤な発言だが、これ、いつの録音だろう。戦中の録音にしては音質がいいなと思っていたら、これ、本日の録音だという。自民党の二階幹事長が少子化問題について、子どもを産まない方が幸せではないかと勝手なことを考えている人がいて困る、というようなことを自分の講演会でブチ上げたらしいのだ。違うんじゃないの。勝手なのはあんたでしょ。こういう時代錯誤な人権音痴が憲法をいじくり回したり、国の舵取りをするわけで、もしもこの国が沈没するようなことがあれば、それは少子化によるものでなく、政権与党の方向音痴によるものだと思う。やめてけれ、やめてけれ。今夜は思い切り、左卜全(ひだりぼくぜん)になってやる。

▲ 浴室の歌に合わせて啼く蛙


0627・水・

 1874年、明治7年の今日、日本で初めての演説会が開かれた。慶應義塾の福沢諭吉が三田演説会を発足、演説や討論という方法を日本に紹介した。慶應義塾キャンパス、三田の山には今も演説館が国の重要文化財として保存されている。スピーチを演説、ディベートを討論と翻訳したのも福沢諭吉先生である。ご存じだとは思いますが。わはは。

 国会で立憲民主党の枝野幸男代表と安倍首相が党首討論の意義について言い争いをしているけど、党首討論の意味を奪っているのは安倍晋三。ああいえばこういうの安倍晋三。御飯論法、信号無視話法の安倍晋三。カエルのツラにションベンの安倍晋三。このままだと国会の意味さえ破壊しかねない。この人間をいつまでもお山の大将にしておくと、次は日本が破壊される。カエルのツラにションベンにならぬよう、ここは国民みんなで巨大なバケツに水を汲んできて、あいつの頭からぶっかけなくちゃならない。ついでにトランプもトランプタワーのてっぺんから引き摺り下ろさなきゃならない。でも、その前にしなきゃならんのは、民主主義の勉強のし直しかもしれないね。このままだとせっかく手にした主権者の権利さえ失いかねないのです。

 コボちゃんが大切にしているピカピカのスバル・アウトバックに無残な傷をつけたやつがいる。そのまま逃げたやつがいる。今に始まったことじゃないけど、どうしてこういうやからがいるのだろう。いきなり交番を襲撃して拳銃を奪い、今度はその拳銃片手に小学校に駆けつけて警備員を撃ち殺したと思ったら今度は警察官と撃ち合いになり、腹を撃たれて逮捕されるやからがいたり、やたら刃物を振り回して、楽しいはずの新幹線の旅を恐怖の坩堝にしてしまう自分勝手が現れたり、もう世の中無茶苦茶でござりまする。こういうやからは自分のことしか考えません。面白くないから誰でもいい、人を殺してみたかったとか、勝手なことをほざいてる。面白くないのは誰でもない、あんたの責任で、その人の責任ではないのです。
 いつの間にか愛車が傷つけられるような、これまで一度もこういうことがなかったのに、クルマが新しくなった途端に無残な傷をつけられるとは、そこには意地悪とか悪意とか、世間のダークサイドからのメッセージが含まれているような気がしてならないのです。これからは保険の内容を再検討しなければなりません。水漏れがあったり、アルルが肺癌にかかったり、我が家は一難去ってまた一難。コボちゃんはガッカリです。

▲ ででむしが聞き耳立てる口喧嘩


0628・木・満月・貿易記念日・

 足元にはアルル。楽しいドライブかと思ったら、またまたお医者さんなのでガッカリしている。ここは日本動物高度医療センターの待合室。次から次へと飼い主さんとペットたちがやってくる。
 小さな鳴き声はボストンバッグから顔を出してキョロキョロと見まわしてるキジトラの猫ちゃん。ときどき小さく鳴くだけで、ワンちゃんたちがいるからって、決して電気猫になったりはしない。このセンターに連れてこられるペットたちは、みんな静かにしていられる子たちばかり。病気から救ってもらえるペットの条件は、静かに治療を受けられるかどうかにかかっている。ここにくる犬猫はみんなおとなしい。それは病気だからということでなく、飼い主さんたちが優秀だからだ。親の顔が見たいのはワンちゃんたちも同じことで、ペットは飼い主の鏡なのだと思う。
 声がかかって診察室に移動する。今からアルルを高木先生に預けて、抗癌剤投与に耐えられるかどうかの診察があって、問題がなければ実行される。その間、ボクらは四階の待合室で待機する。手術のときほどではないにせよ、抗癌剤というと飼い主の方も緊張する。ああ、待っている時間のなんたるカタツムリ。ひたすらのろのろとしていて、進んでいるのか止まっているのかもわからない。
 声がかかったのは午後もしばらく過ぎてから。高木先生に急患が入ってしまったのだ。アルルは元気にしていて余裕しゃくしゃく。抗癌剤の副作用が出るとしても明日以後だという。ああ、一安心。

 さて、大変だ、時間がない。夕方から経堂駅前ケーキショップ、アルルカンでラジオ出演の打ち合わせをすることになっていたのだ。けれども食事をしている時間がない。そのまま帰宅してアルルを部屋に寝かせ、ボクはコボちゃんにアルルカンまで連行される。家からは歩きである。ところがこういうときに限っていろいろな人に遭遇する。慶應義塾志木高の同期生。親しくしている元小学校の校長先生。立ち止まってはおしゃべりし、立ち止まってはおしゃべりしていると、たちまち遅刻。今日も本当にすいません。
 打ち合わせしたのはNHKラジオのディレクター。元アナウンサーの女性で、コボちゃんによると美人であるらしい。もちろん声も美しく、話しも面白い。たちまちおしゃべりに夢中になる。ラジオ出演はふたつの番組、8月と9月になる予定。放送時間が決まったらお知らせさせていただきます。

 帰り道に経堂のオリジンに立ち寄って、肉野菜炒め弁当を注文する。この肉野菜炒め弁当、透析室でいつも食べてるお弁当。けれども毎日食べてもまだ食べられるマイフェイバリット。7種類の野菜がその素材感を破壊されることなく炒められ、それぞれの個性を主張しながら、それら関係性を上質の豚肉がコーディネイトするという、この豚肉の焼き上がり程度が実にいいのです。どこのオリジンで作ってもらっても、品質が均一で、正社員でもアルバイトでも、しっかりと訓練されていて、いつも感心させられる。最近のオリジン、ますます千客万来で、コボちゃんから、
「ここで待ってて」
といわれたボクは独りで店先で待機する。今日は待つことばかりの一日である。

 家に帰って満腹になって、一眠りしたらワールドカップは日本対ポーランド戦。勝って当たり前、悪くて引き分けみたいにいわれてたけど、やっぱりね。コロンビアに勝てたのはフロックだったんだよね。ストレートに負けちゃったけど、セネガルと反則の数で優位に立てて、それで一次リーグを突破して、肉を切らせて骨を絶つ。なんてカッこよくはないけれど、リーグ突破という最優先課題はクリアした。ガッカリだけど一安心。そういう結果だと思います。で、まだまだワールドカップを楽しめると思ったら大間違い。決勝トーナメントは一度負けたらもうおしまい。なのに相手はランキング第三位のベルギー。こりゃあきまへん。試合が始まってすぐに強烈な反則でもしてもらわない限り、可能性は99.9パーセントありません。でも負けてくれれば敗けた先のにわかサッカーファンは、夜はひたすら眠るだけなのです。

▲ 梅雨晴れやバッグの子猫顔を出す


0629・金・

 本日は日本のBデイです。1966年、昭和41年の今日、ザ・ビートルズが来日。翌日から3日間、武道館でコンサートを開いたのです。警視庁はこれを千載一遇の好機とばかり、ビートルズ総合警備本部を設置、いろいろな口実、いろいろなパターンでの警備訓練を実施したのです。このときの警備体制というのがお笑いで、皇居のお堀に警備ボートを浮かべたり、武道館のアリーナのステージ前にずらり、警察官を並べたり、ビートルズファンをまるでゴジラかガメラみたいに扱ってくれたのです。もちろん、これは決して大げさな表現ではありません。コンサートティケットを入手したボクが実際に目撃したんですから、これ、本当の話なんです。でもね、ビートルズが熱演するステージの前にずらり並んでた警察官諸君、誰よりも近い場所で、誰よりもクリアサウンドでビートルズ体験ができたんだから、きっと死ぬまで自慢の種にできるのでしょう。ま、背中を向けていたわけで、ビートルズの面々を拝むことはできなかったんだけどもね。

 働き方改革が与党の無理強いで可決されそう。この際の国民民主党の与党寄りの姿勢を問題とする向きがあって、あれは与党でも野党でもなく、ゆ党であると批判されている。この場合の「ゆ」はユデガエルのつかっている「ゆ」であり、漢字にすれば湯党となるのだろうね、やっぱり。ま、意味のない野党なら、早く解散した方がいい。権力を批判しない野党なんてまったく存在価値を認められないのである。野党が湯党になってしまうと、権力に対抗するのは憲法だけということになり、政権与党はますます権謀術数を駆使して憲法改悪を企むのだろうね。

 まだ6月だというのに気象庁は関東地方に梅雨明け宣言を発令した。統計上、最も早い梅雨明け宣言である。これまで気象庁は6月の梅雨明け宣言を可能な限り回避してきた。梅雨前線がうろうろしているこの時期で国民に梅雨明け宣言でおかしな安心感を与えて水害に対して油断して欲しくない、という理由からである。で、我が家では早速冷房でこの梅雨明けに対処。仕事部屋も居間も、2台のエアコンで冷やしまくる。おかげでほぼ猛暑日の暑さにも耐えられたのです。アルルもすやすやと眠ることができて、抗癌剤の副作用に備えることができたのです。

▲ 梅雨明けやそのうちきっと茹で蛙


0630・土・

 NHKマイ朝ラジオによると、1948年、昭和23年の今日、アメリカのベル研究所がトランジスタを世界で始めて公開したという。それまでの主流、真空管より計量小型で寿命も長く、消費電力が小さいことからその後の電子機器のあり方を大きく変えることになったというのは誰でも知っていると思うけど、トランジスタとボクが同い年だったとは知らなかった。ボクがトランジスタラジオを始めて手に入れたのは小学6年生のときだった。そういえば最近、トランジスタグラマーなんて言葉も耳にしなくなったけど、トランジスタもあんまり普及しちゃうと話題にもしてもらえなくなるんだよね。そういえばグラマーも話題にならないけれど、グラマーが当たり前になった、とはほとんど聞いてない。

 台風7号が発生した。現在沖縄に向かっているらしい。梅雨が明けたり台風が生まれたり、お天気関係も忙しい。どうか夏の大魔王様、お手柔らかにお願いいたします。

 土曜の朝いちばんのニュースである。野口雨情のシャボン玉じゃないけれど、ホリエモンのロケットが飛ばずに落ちた。おまけに燃えちゃった。長さ10メートルだから糸川英夫教授のペンシルロケットよりはかなりデカイ。とにかくこのロケット、日本では民間が宇宙空間を目指して打ち上げる最初のロケットなのである。前回の打ち上げのときは伊集院光さんが現地の北海道に飛んでいって、結局整備不良ということで発射には立ち会えなかった、と聞いている。今朝の打ち上げ失敗でも、ホリエモンのロケットでガッカリしていたのは子どもたち。ドラエモンのロケットでなきゃ、やっぱりダメかもしれないね。

▲ 堂々と明けていよいよ夏本番


◆ 7月・文月・
0701・日・国民安全の日・富士山開き・海開き・

 本日は童謡の日だそうです。どどど、どうしよう。と、オイラが動揺してどうすんの。1918年、大正7年の今日、児童文芸雑誌「赤い鳥」が創刊されたことにちなんで、1984年、昭和59年に日本童謡協会が制定したものだそうです。「赤い鳥」というと童謡詩人、金子みすゞが投稿したことでも知られています。彼女の存在価値がますます評価されて、それは素敵なことだと思う。幼いときに歌った童謡が大人になってからますます心と身体に染みこんで、郷愁と存在意義を深めていく。童謡はまるで金子みすゞの存在みたいです。その存在を掘り起し、衆知させた詩人、矢崎節夫さんの功績は限りなく大きいと思うのです。そして矢崎さんは実はボクの友人。失明当時、矢崎さんは数多くの本や詩集をボクに提供してくださり、その中にこの金子みすゞの詩集もあって、金子みすゞブームが到来する以前から彼女の詩に親しむことができて感謝しているのです。と、またまたの我田引水でした。

 1968年、昭和43年の今日、郵便番号制度が開始された。三桁、もしくは五桁の数字を自動区分機が読み取り、郵便物を瞬時に区分けすることが可能になった。とまぁ、便利になったような気もするけど、郵便局員の仕事は減るし、一般人は地名を覚えなくなったし、地名を書くより郵便番号を調べる方が面倒臭いし、本当に儲かったのは誰なんだろうね。

 さて、今日から7月です。ボヤボヤしてたら今年の上半期も終わってしまいました。そこでいつもの恒例、全国の日の出日の入りの時刻です。札幌の日の出は3時59分、日の入りは19時18分。仙台の日の出は4時16分、日の入りは19時4分。東京の日の出は4時29分、日の入りは19時1分。大阪の日の出は4時48分、日の入りは19時15分。福岡の日の出は5時12分、日の入りは19時33分、ということでした。今月もよろしくお願いいたします。

 台風7号が沖縄に接近しつつある。で、東京は猛暑の寸止め、真夏日の中の上。アルルの昼寝しているリビングはエアコンにお任せして、ボクの仕事部屋のエアコンにはお休みしてもらってガラス窓を全開。台風7号の影響と思われる湿った南風が適度な強さで吹きつけてくれるのです。エアコンの代わりにはなりませんが、それなりに涼しくて、今週の日誌の整理と、ブログ原稿送信の準備はしっかりできました。おかげで明日には送信できそうです。また今回も今週の言葉はサボッてしまいますが。

▲ 子どもらが駆けていくいく海開き


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




FC2 Blog Ranking