FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



お知らせ 源氏物語 京ことばによる語りの会
■ 源氏物語 女房語り 山下智子 第二帖「帚木」の巻

◆ 全盲のイラストレータが体験した究極の美の世界
 失明したからこそ見えてきたことがあります。出会えた人たちがいます。ここに紹介する山下智子さんもそのおひとりです。
 NHKラジオの歌謡ドラマでボクは山下智子さんの美しい京言葉に出会いました。一目惚れならぬ、一耳惚れでした。その最大の収穫は京ことば源氏物語の語りの会を体験できたことです。
 この度、この源氏物語を全巻、連続で語ることになりました。第一回は蝉時雨の中、京王線明大前のキッドアイラック・アートホールで、皆様感動のうちに開催されました。今回はその続きのお知らせです。長い巻になりますので、全編と後編に別れますが、ともにまた、時空を超越したトリップを体験しようではありませんか。
 前回は満席で、皆様にご迷惑をおかけいたしました。今回も早めのご予約をお願いいたします。
エム ナマエ

■ 京ことば源氏物語 全五十四帖連続語り
もののあはれ ー 源流への旅
中井和子「現代京ことば訳 源氏物語」大修館書店 刊
女房語り 山下智子

「あやしう夢のようやった先夜のことが、心から離れる暇もおへん頃どして、心とけて眠ることなど出けへんのどす。昼はながめくらし、夜は寝ざめがちで、春でもおへんのに・・・・・」(空蝉より)

◆ 隔月連続公演第二回 第二帖「帚木」の巻 
2009年10月18日(日) 「帚木」其の一「雨夜の品定め」

あらすじ
五月雨の降り続く物忌の夜、宮廷で宿直(とのい)した光源氏は、女遊びに精通した悪童達からさまざまの女の話を聞き、自分とは階層を異にする中の品の女に興味を抱きます。

◆ 隔月連続公演第三回
2009年12月12日(土) 
「帚木」其の二「帚木の女」、第三帖 「空蝉」 

あらすじ 
方違えにこと寄せて忍んだ伊予介の後妻に拒否された光君は女への恋心を募らせます。
「空蝉」の巻で帚木の女は空蝉と呼ばれるようになります。   
*帚木とは、遠くにあると姿をみせ近づくと消える伝説の木です。  

両日とも 開演15:00  (14:30開場)
入場料 当日券 2,500円 ドリンク付き
前売り1回券 2.000円  二回通し券  3.500円 

於 キッド・アイラック・アート・ホール
(京王線、京王井の頭線明大前駅下車2分
予約、問い合わせ キッド・アイラック・アート・ホール
156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11
TEL 03-3322-5564 FAX 03-3322-5676

主催・読夢の会
(読夢の会は読むこと、聴くことの楽しさをひろめる会です。収益は点字図書館などへ寄付させて頂きます)



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://emunamae.blog68.fc2.com/tb.php/26-862e8b53



FC2 Blog Ranking