FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



2017年10月23日~29日
☆人工透析を導入したとき、東大のドクターはボクの余命を5年と宣告したけれど、ボクはそれから31年も生きています。お医者は神様ではありませんので、もしも余命を宣告されたりしたら、どうかご自分の生きようとするエネルギーを、もっと信頼してあげてください。
 さて、この日誌は透析患者が病人ではなく、機械に腎臓の代わりをしてもらっているだけで、普段は一般の人と何ら変わらなく暮らしていることを知っていただくためのものでもあります。また、この日誌のほとんどはリアルな出来事ですが、ごくまれには嘘や冗談も書かれています。ただし、嘘は嘘らしく書かれてありますので、その判断のできないお子様たちは、どうか常識のある大人と一緒にご覧ください。また、難易度に関係なく、熟語や固有名詞などの漢字に振り仮名をしていることもありますが、これは視覚障碍者のための音声ガイドをサポートするためのもので、決して皆様がこの漢字を読めないと思っているわけではございませんので、その点はどうぞご理解ください。

◆ ウィークリーフレーズ 今週の言葉です

 きみが どんなに孤独でいようと
 いつでもきみは 見守られてる

 運命の悪戯か、もしくは天の配剤である日突然絶望の闇に包まれながら、たったひとりで飯を食うことになる。誰も料理をしてくれず、誰も配膳してくれず、誰も一緒に食べてもくれず、話しを聞いても聞かせてもくれない。今夜のメニューはカレーライス。サトウのごはんに黄金色のレトルトカレーを掛け回し、電子レンジをスタートさせる。やがてチンと高らかに鳴り響けば、空しくスプーンを操って、寂しくライスとカレーを掻き回し、韓国人か、もしくはミキサーの気分になって御飯もカレーもわからないくらい滅茶苦茶に攪拌して、生きるための諦観をエンジンにして消えかかる食欲を始動させる。孤独なディナー、ひとりぽっちの晩餐会。豪華絢爛とはまるで無縁、眺望絶佳とはとてもいえず、栄耀栄華とは太平洋の隔たり、酒池肉林の満たされぬ幻想に溺れながら上顎と下顎のランデブー。たとえ大粒の涙がカレーライスに過剰な塩分を加えても、嗚咽がスパイスを活性化しても、それでも決して独りではない。お米はお百姓さんが作ってくれたし、カレー粉のアンサンブルを醸し出してるクミンや、といっても世田谷区民じゃありませんよ、スパイスシードのクミンですよ、コリアンダー、クローブ、シナモン、カルダモン、ナツメグ、ターメリック、サフラン、レッドペッパーのスパイス軍団だって、みんな誰かさんの手によって収穫され、乾燥され、焙煎され、そして運ばれ、調合されたのだ。そもそもサトウのごはんもレトルトカレーも盗んだんじゃない。そのお金を稼がせてくれたのも誰かさんだし、仕事ができるようにしてくれたのも誰かさんだし、いつだって他力本願で生きてきたのだ。そうだ。孤独だなんて生意気いうな。お前なんか、一度だって自力本願だったことなんかないのだ。ほら、足元を見てみなよ。今だって、お前のために地球が回ってくれてるじゃないか。


1023・月・霜降・

 窓に激しく風が打ち付けている。その音に目覚めてラジオをつけると案の定、台風が上陸していた。それも静岡県の御前崎と、名古屋よりも手前の話で、かなりヤバい。そしてこの台風、日本列島を縦断して福島県から太平洋に抜けるとの予報。となるとこの風、ますます強くなるということじゃないか。冗談じゃない。秋も終わろうというこの季節、台風上陸というのはあまり流行らないと思うよ。お天気おじさんの森田君によれば、1990年の11月31日に上陸した台風28号というのが最も遅い記録というのだが、この21号君も、かなり頑張ったやつ、ということになっていくんだろうね。ま、とにかくみんな、無事でいてください。お願いしますから。

 選挙が終わって笑う人、怒る人、そして排除という言葉に泣いている人。TBSラジオの国会担当、竹田記者は袈裟の下から鎧が見えると描写するのはもちろん安倍晋三のこと。あんなやつに偽物の謙虚さと低姿勢で憲法改悪なんかさせてたまるか。

▲ 厄介が落ち葉散らして行き過ぎる


1024・火・

 秋晴れの下、屋上から取り込んだばかり、お日様の香りがする布団に潜りこむ猫のミミコを置き去りにして秋の昼下がりの散歩にでる。世田谷線までのユリノキ公園でオーストラリアンラブラドードルのカイ君に巡り会い、顔見知りとなる。アルルの苦手な世田谷線の踏切を超えると、けやき獣医の玄関には大きな体で振るえるバーニーちゃんがいて、飼い主さんと笑いあう。
「この子はね、図体は大きいんですけど、気は小さいんです」
 駅前商店街は相変わらず賑わっていた。鳥武では焼き鳥を焼く炭の香りが食欲をそそる。もちろん大量に買い込む。焼き鳥の袋を抱えて豪徳寺駅前の花壇に座っていると、梅ヶ丘までの道を尋ねられた。目の見えないボクに尋ねるのだから、よほどの方向音痴なのだろう。コボちゃんにそういうと、
「バカね。あたしに聞いたに決まってんじゃない!」
 世田谷線山下駅まで歩いていく。けれど噂の招き猫電車には巡り会えず、見せてあげたかったなと偉そうにいうとコボちゃんは、
「招き猫電車ならとっくに見たことあるわよ。透析室への送り迎えで下高井戸駅に停車しているのを何度も見てるもん。あそこ、終点でしょ。でね、中をのぞいたら、本当にピンク色の猫の足跡が点々と続いていてね、世田谷線、やるじゃないって感じよ」
 コボちゃんにはとても勝てません。ところで勝負といえばクライマックスシリーズでDeNAが勝っちゃった。優勝した広島が日本シリーズに出られないのだ。この下剋上、台風21号のプレゼントということになってしまった。気の毒な広島カープ、広島市民。きっと今頃はお祭り気分が一転してお通夜の空気なんだろうな。こんなルールを作った日本野球機構が悪いとはいえ、決まり事なら仕方がないし、いずれにせよ勝負の世界はつらいのです。

▲ 下剋上クライマックス野分かな


 1025・水・

 今日は世界パスタデイだそうです。で、パスタの話かというと、そうではありません。カレーライスの話なのです。といってもボクがこよなく愛しているオリジンの辛口カツカレーライスの話かというと、そうでもないのです。昼間のNHKラジオ「昼の憩い」に遠藤賢司のカレーライスの歌がかかっていた、という話なのです。
 れれれ。珍しいことだな。猛烈に懐かしいなと思っていたら、本日、ご本人が亡くなっていて、その追悼の選曲であったのだ。昨年、癌であることをカミングアウトして、歌手活動を続けながら闘病生活を送っていたらしいのだ。タクローとかコータローとかケメとか、フォークソングのスターは次々に誕生したけれど、その中でも特に好きな星だった。ハレー彗星みたいに目立つ星だった。心からご冥福をお祈りする。

 パリから戻った小池百合子が希望の党を召集して、全員に言葉が過ぎたと謝罪したという。といっても、言葉ひとつで落ち目になる。その程度の中身だった、ということなんですよ。言葉ひとつでのし上がってきた、ということなんですよ。

 港区民の10人にひとりは社長さんで、社長さんの10人にひとりは世田谷区に住んでいるらしい。ということで、確率論でいっても、社長人口のいちばん多いのが世田谷区ということになるのだろうか。と考えてみるのだが、よくわからない。ま、どうってこたぁないけれど。

▲ 冬支度言葉ひとつの落ち目かな


1026・木・

 いい天気である。キーボードを叩く足元の陽だまりには猫のミミコ。ベッドの上には愛犬アルル。人間以外の家族構成員がボクの小さな私的空間に集ってる。部屋が小さいから奥まで日差しが届くのだ。そう。ボクの部屋は暖房要らずの省エネ環境。国のエネルギー政策にも家庭内の経済対策にも有効なスペースなのだ。とにかく気持ちのいい晩秋の一日なのだ。

 高校野球や社会人野球で活躍していた選手たち、ドラフト会議でたとえ1位指名がうまくいったとて、選手として本当に使い物になるかどうかはわからない。これまでで1位指名された船首たち、果たしてどれだけの活躍が可能だったろう。それよりも外れの選手たちが予想外の活躍をしているケースの方が多いような気がするんだけど。ドラフト会議のくじ引きにせよ、選手選びにせよ、いずれもギャンブル。当たるも八卦、当たらぬも八卦。結婚だってギャンブルだ。外れれば一生の不作となるのである。それにしてもラミちゃん、きっとギャンブル得意なんだろな。いい博才をしてるよね。てな、野球の素人が口を出すようなことではありません。ごめんなさい。それよりも日本シリーズの結果が気になります。

▲ 紺碧に落ち葉の見せる風の道


◇ バーチャル『奥の細道』コース  ありがとうございます。
最上川を通過しました。次は月山。あと、78,951歩です。

現在の歩数は1,915,049歩。これで何度目の奥の細道になるのでしょうか。
確か最初は中学の修学旅行でしたよね。あはは。

1027・金・読書週間・

 タマゴかけ御飯のことをTKGというんだってね。で、カブトムシをKBMというらしい。これは便利と頭を切り替え、おはようございますがOHG、こんにちわがKNW、こんばんわがKBWとしたら、さぁ大変。何が何だかわからない。そんなの当たり前。ただでさえアルファベットと横文字だらけなんだから。それよりも読書週間ということで神田神保町界隈では古本祭をやっているとの噂だから、たくさん本を買い込んで清く正しい日本語の鍛錬をした方がいいような気がします。

 今日も陽だまりの中でときどきボクの足台にされている猫のミミコ。たまにそれが猫であることを忘れて座布団かクッションみたいに遠慮もなく踏みつけてしまうんだけど、ミミコはビクとも動かない。猫にとって最大のご馳走は新鮮な鯵の煮つけと陽だまりなのだ。

 今日はインフルエンザのワクチン接種。効果は2週間後だという。それまでおヘソを出して寝ないよう、気をつけなくっちゃ。
 ところで透析中の夕食は楽しみのひとつ。コボちゃんがオリジンから抱えてきた出来立てほやほやの豚肉生姜焼きや肉野菜炒め弁当やカツカレーライスは、透析のベッドでしか味わえないおいしさなのである。とはいえ、せっかくの弁当がまずくなる透析室ならではの抵抗勢力も存在する。右隣のイビキ男がそうである。瀕死のカバの最後の呼吸みたいな、もしくは赤道直下で悶えているイボイノシシの寝言みたいなイビキを四方八方に轟かせ、自分だけ気持ちよく眠ってる。傍若無人、迷惑千万。いつか必ずこいつに大喝一斉、怒髪昇天、悲憤慷慨して、そのイビキの録音を耳元で再生してやり、ついでに思い切り首を絞めてやりたいと思うのです。

▲ あな嬉し読書週間神保町


1028・土・上弦・

 1972年の今日、上野動物園に2頭のジャイアンツパンダ、カンカンとランランがやってきた。日中国交正常化を祝って贈られたもので、これを記念して上野動物園は10月28日をパンダの日と定めている。これが中国からの最初のパンダ。以後、日中のパンダ外交が展開されていく。それにしてもスゴかったパンダ見物の行列。ほとんど瞬間のパンダ目撃のために、長い長い行列を耐えなくてはならなかったのだ。行列好きの日本ではパンダを見るのも命がけだったのだ。で、オイラも命がけで瞬間パンダ目撃を体験したのである。わはは。

 土用の午後はTBSラジオ「ラジオなんですけれど」で久米宏さんの独白エッセイを傾聴、あれこれと楽しみ、そして学ばせていただいてる。今日は久米宏さんがフラリとフェラーリを買いにいったときの話である。ただでさえ新車を買うには勇気の要ることだと思うのに、この場合はフラリと車を買うわけで、それもフラリとフィラーリを買う話なのである。そのときの久米さん、炎天下での野球観戦を数十年経験したような野球帽と、野宿しながら日本一周を共にしたようなGパンと、おろしてからまだ一度も洗ってもらってないテニスシューズと、滅茶苦茶にラフなスタイルでショップに入り、いきなりお目当てのフェラーリのドアに手をかけた。そりゃ当たり前でしょ。運転席の座り心地を試さないでフェラーリの新車購入なんか決められるわけがない。そしたら途端に女性店員が駆けつけて、
「お手を触れないでください!」
と久米さんを払いのけてから、パッパッと布でクルマを拭いたというのだ。そこで久米さん、クルリと背を向け、
「フェラーリ、やあめた」
とカーディーラーから立ち去った。女性店員さん、ひとりお得意を逃してしまいましたとさ、ちゃんちゃん。

 本日は慶應義塾志木高ホームリターンデイである。慶應義塾が戦後の食糧難に創設した元農業学校、慶應義塾志木高校の収穫祭が開かれている真っ只中の、その母校の庭の風景に囲まれながら、野火止の雑木林や果樹園の美しく紅葉した景色を眺めながら、卒業生たち、胸を熱くして集まっていることだろう。無二の親友も懐かしい顔に囲まれて幸せな時間を過ごしていることだろう。けどボクは欠席。物理的理由で出席できないのだ。残念ながら。そして今日は日本シリーズ開幕の日。ソフトバンク対DeNA、下剋上のDeNA、ラミッてるラミちゃんのDeNAである。そしてラミってるはずのDeNA、ソフトバンクにコテンパンにやられちゃった、敗けちゃった。10対1じゃ勝負になりません。ラミちゃんのDeNA、日本シリーズの雰囲気に呑まれちゃったのかなぁ。さてDeNA、明日はどこへいくのやら。とにかく頑張って、日本シリーズを面白くしてくださいな。

▲ 収穫祭かぼちゃ転がる東上線
▲ 収穫祭学びの庭に柿の色


1029・日・

 1914年、大正3年の今日、早稲田慶應義塾明治の三大学で野球リーグの結成が合意された。やがて立教法政東大が加盟、東京六大学野球リーグへと発展していく。長嶋茂雄が立教大学で大活躍をしてジャイアンツと契約、巨人阪神の天覧試合で奇跡的な大活躍をするまで、野球人気の頂点は圧倒的に早慶戦だったのである。ところで世間では早慶戦とされているが、慶應義塾では慶早戦が常識となっている。早慶戦などと口を滑らせたら鞭打ち100回の刑に処せられるのだ。嘘です。ところで日本シリーズではDeNAがまた敗けちゃった。どうする、どうする、DeNA。どんどんあとがなくなるぞ。

▲ 肌寒やDeNAが敗けちゃった






FC2 Blog Ranking