FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



2013年9月9日~15日
☆ この日誌は透析患者が病人ではなく、機械が腎臓の仕事をしてくれる以外は、一般の人と何ら変わらなく暮らしていることを知っていただくためのものでもあります。また、この文面では難易度に関係なく、熟語や固有名詞などの漢字に振り仮名をしてありますが、これは視覚障碍者のための音声出力をサポートするためのものです。決して皆様がこの漢字を読めないと思っているわけではありませんので、どうかお許しください。

0909・月・
 視覚障碍者のためのパソコンサポーティングユニット「ラビット」に電話をして、プレスクトークの使用にあたってのヒントをもらう。おかげでパソコンから機械へ音楽や朗読の送り込みができた。すぐにプレスクトークは満腹となり、8ギガのメモリーカードの残量はなくなる。
 先週の非人道的駅前眼科の悪影響で、とボクは思い込んでいるのだが、目の痛みがおさまらず、頭痛がする。原因がわからないので不安になる。おかげで集中力が落ちて思考が低下する。困ったものである。
 もう駅前眼科には懲り懲り。というわけで、透析前にあらかじめ下見をしておいた透析病院までの通り道にある眼科にいく。女医さんだった。調べてもらうと眼圧(がんあつ)は問題なしとのこと。安堵する。原因は不明だが、心配していた事態ではなさそうなので、点眼薬で様子を見ることになった。
 どこかの誰かさんが嘘をついている。東電福島第一原発はコントロールされているといっている。ボクらにとっては初耳だ。そういう嘘をついて五輪を開催するのなら、開会式までにそれを実現してもらおう。東北も復興してもらおう。平和で安全でなけりゃ、1940年の東京五輪が消えてしまったみたいに、2020年の五輪だって消えてしまう。だから、平和も守ってもらって、憲法の改悪も考え直していただこう。
 透析中はプレスクトークの音楽に没頭。五輪一色でラジオはつまらないし、いいタイミングで素敵なおもちゃを入手した。これで4時間の透析を読書で楽しく過ごせる。ありがたいことである。
▲ カラスの子 すこしうれしき 秋の朝

0910・火・
 プレスクトークを外部スピーカーにつなぎ、ラップトップパソコンのBGMとする。おかげで仕事がはかどる。やっぱり音がないとね。
 温暖化の影響で北海道ではジャガイモがドラエモンならず、野良芋(のらいも)になっているという。冬の寒さから逃れた芋たちが野生化した、というわけだ。この野良芋たち、土の栄養を奪って、農作物に悪さをしているらしい。野良芋なんて、ちょっと可愛い感じなんだけどね。
 ロシアのプーチンさんの口利きでシリアへの軍事介入が延期、もしくは回避されそうだ。これにはバラク・オバマも内心で大喜びをしていることだろう。なんせ米国の大統領ともなると、自分の理想を追求するよりも、お付き合いや義務に縛られ、そうそう自由にはいかないはずなのだ。それから、もしかしたらアベちゃんも喜んでいるかもしれない。化学兵器使用という事実があったとしても、やっぱり空爆の後押しは嬉しくないもんね。
 午後は「おえかきデスク」にしがみつき、習作と下絵に集中。失明後に初めて挑戦する絵柄となると、古い古い記憶を引っ張り出し、その映像を具体化していく。そして、本当にかけているか否かは、誰かに見ていただく他はないのである。まぁ、面白い作業ではあるのだが、自分で確かめられないのは、やっぱり少しつらい。
▲ 秋の虫 声を開いて 渡りいく

◇ バーチャル熊野古道コース 熊野本宮大社を通過しました。
 次は湯峰王子。 あと3,292歩です。 現在の歩数、77,708歩。 2周目挑戦中!

0911・水・
 本日はナインイレブンから12年、東日本大震災から2年半、尖閣諸島国有化から1年という日である。事件があろうと、人の生き死にがあろうと時代は動いていく。本日の日野では5時20分、日没は17時55分、月齢は5.6。たとえ人類が滅亡しようと、月も太陽も、そして地球も回転し、巡っていく。ボクらひとりひとりの、なんと小さきことよ。考えてみれば、喧嘩してる暇なんかありゃしない。
 スタジオクラスターによる2014年のエム ナマエ・オリジナルカレンダーが刷り上がってきた。いよいよエム ナマエ公式ウェブサイトでの発売準備にとりかかる。絵夢助人(えむすけびと)さん、よろしくお願いいたします。
 朝の雨に係わらず、午後になると蝉が元気に鳴いている。バラバラと雨が落ちる度に秋が近づいてくる。鳴く蝉は遠くなり、秋虫たちは勢いづく。夏から秋への展開を寂しく思うのは年齢のせいなのか、それとも人の習性なのか。夏に去られる寂しさよりも、ただただボクは寒くなるのが恐ろしい。
 深夜、新潟のクルマブの煮物を肴にビールを飲む。このビールの晩酌をおいしく感じるのも、あとわずか。そろそろ日本酒や老酒、焼酎やウィスキーが欲しくなる、そんな季節がやってくるのだ。
▲ 夏の夢 蝉が奏でる 昼下がり

◇ バーチャル熊野古道コース 湯峰王子を通過しました。
 次は百間ぐら。 あと21,104歩です。 現在の歩数、81,896歩。 2周目挑戦中!

0912・木・
 9月も半ばというのに、元気よく蝉が鳴いているからボクは嬉しい。暑くて冷房を入れているから、デブネコミミはキッチンに避難。ネコのデブは人間のデブと違い、暑さを苦にしないのだ。冬でも夏でも、ネコは太陽が好きでたまらないらしい。
 参院選以来、国会が開かれていない。そして、まだまだ開かれる気配がない。アベ政権、国会を必要としないなんて、まるで独裁政権気取り。それはヤバイのではなかろうか。野党のみんな、しっかりしてくれや。
 ヤクルトのバレンティンのホームラン記録のことで世間が盛り上がる。けれども、一部では盛り下がっている。王選手が世界記録を出したり、シーズン最多本塁打を記録した当時と今では試合数も違うし、球も違う。そろそろ新しい記録が出たっていいじゃないか。そうだ。時代は回るのだ。
▲ 冷房は やめてとネコが丸くなる

0913・金・
 本日の13日の金曜日の日野では5時22分、日没は17時52分、月齢は7.6日。あと1週間たらずで満月。つまり中秋の名月となる。
 トルコ、カッパドキアでの女子大生殺人事件、直ちに犯人逮捕とあいなったが、これがガセネタ。あとから真犯人候補が出てきた。トルコとしては日本に気を使ってくれたのかもしれないが、どこの国でも警察は冤罪がお好きであるらしい。
 午前中に透析を終わらせ、午後に東京を出発。関越道をまっしぐら。北軽井沢を目指す。夕方、スタジオクラスター北軽井沢スタジオに到着。盲導犬アリーナが元気だった頃から10年間、毎年の夏にお世話になっている建物である。ありがとう。
 別荘地の林の匂いを感じた瞬間からアルルは嬉しくてたまらない。クオリス車内でソワソワと腰を浮かせ、ハァハァと荒井息をついている。
 ここいらは鬼押し出しのピークを越えた山林だけに東京からの電波がよく届いている。今夜のプロ野球2試合は田中マー君とバレンティンの記録がかかっていた。マー君は見事に新記録を達成。バレンティンは緊張のせいか、ここのところ本塁打がない。まぁ、バレンティンとしても世界の王貞治に遠慮しているのかもしれない。でもね、記録は破られるためにあるんだよね。さぁ、素晴らしい記録を樹立して、マー君もバレンティンも来年はどこにいくのだろう。やっぱりマー君は大リーグ、バレンティンは巨人軍にいくんだろな。
▲ 週末の 溶岩道路 一直線

0914・土・
 北軽井沢の朝は未明から動き始める。ラップトップパソコンもあるし、プレスクトークもある。やろうと思えば何でもできるわけで、ではやるかというとそうでもない。結局はプレスクトークで読書三昧。執筆はちっともはかどらない。
 太陽が上がってきて、窓の外、池のある方向からはアヒルの声。グワグワと元気に鳴いているから決まった人から餌をもらっているのだろうかと思っていたら、起きてきたコボちゃんが
「あれはアヒルではないよ。カエルだよ」
という。ずいぶん元気に鳴くカエルなのだなとあきれた。ボクはあの声を、今日の今日まで、ずっと池のアヒルと勘違いをしていたのである。ああ、情けない。
 台風18号が近づいている。ピークは月曜日。ボクらが東京へドライブする日である。今からちょっと心配している。
 スタジオクラスターの北軽井沢スタジオのキッチンは仕事の性質上、実に充実している。だからコボちゃんも熱心に料理をする。フレッシュな食材をあれこれ準備しているから、朝からしっかりと食べている。もしかしたら太るかもね。
 夕方のNHKニュースでイプシロンの発射成功を知る。嬉しい。人類初の人工衛星から、ボクらの世代は宇宙エイジ。小惑星の名前にもなった糸川博士をルーツとする宇宙ロケットの成功は無条件に嬉しいのである。固体燃料ロケットはコントロールに難があるといわれるが、このロケットの系列で小惑星探査ロボット「ハヤブサ君」が小惑星「イトカワ」に打ち上げられたという実績もある。この安価なロケットが日本の宇宙ビジネスを推進することに期待する。
 白ワインと魚貝のバターソテーで晩酌。BGMはここにも届く電波、ラジオ第二の「朗読の時間」再放送。けれどもボクは『風立ちぬ』という作品に感動しない。退屈でたまらないのだ。宮崎駿の同じタイトルの映画が公開されているが、その影響だろうか。残念なら、ここ最近の「朗読の時間」はボクの趣味に合わないのだ。
 昼間の小川遊びでアルルは筋肉痛。夜のトイレにいくのに、階段がなかなか降りられない。いつもだったら駆け降りる階段を、おっかなびっくり降りていった。
▲ 蛙鳴く 近づく嵐 浅間山

0915・日・
 激しく雨が降っている。屋根に響く雨音にアルルが怯えている。朝寝坊のボクのベッドの下で、丸くなって耐えている。台風18号、どうやら本気で向かってくるつもりらしい。
 北軽井沢の木々に囲まれて聴くNHKラジオ素人喉自慢も面白い。ローカルで楽しむローカルの空気。各人の曲目や習熟度が土地によって異なるのは、つまり日本はとても広いということ。若い頃、この番組の面白さに気が付かなかったのはどういうことだろう。NHKラジオが好きになる、ということはやはり年齢に関係するのだろうか。その人にとって、そのときにわかることしかわからない。最近はますますそう思っている。
 神宮球場における阪神戦でバレンティンが56号と57号の本塁打を2打席連続で記録した。王選手がシーズン55本塁打を記録したのが1964年の東京五輪の年。そしてバレンティンが新記録を樹立したのが次の東京五輪が決定した年であることは、何かの因縁があるのかもしれないし、オリンピックは節目としての役割を背負わされているのかもしれない。
 今夜は生まれて初めて高齢者として経験する敬老の日の前夜祭。軽井沢というとステーキに縁があるらしいが、今夜のメインディッシュも長野県産のサーロインステーキ。なんだかんだといって祝いを作り、シャンパンもどきを飲んでいる。シャンパンもどきというのはつまり、フランス産スパークリングワインのことである。
▲ ざんざかと お前は包囲 されている






FC2 Blog Ranking