FC2ブログ
全盲のイラストレーター ◆エム ナマエ◆ の超個人的十七文字ブログです
ボクは中途失明した画家。週に三度の人工透析で生かされています。なのに、今でも 画家で作家。ボクは思います。人生、何があっても大丈夫。
プロフィール

emunamae

Author:emunamae
いつも日記をつけてます。失明したら頭脳がノート。
だから、記憶力のトレーニングのためにも、前日の出来事を振り返り、コツコツ日記をつけてます。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



検索フォーム



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



最新トラックバック



●6月8日~6月14日
0608・月・
 気象庁はいつ入梅を宣言するのだろう。先月末からとっくに季節は梅雨ですよ。
 コボちゃんが実家より帰宅。キジバトポッポの止まり木をもらってきている。きちんとした仕事になっているので、庭師の甥っ子君がやってくれたのだ。止まり木があれば、キジバトポッポもゆっくりと養生ができる。
 小雨がふっていたが、散歩に出る。アルルは嬉しいのか、匂いもとらず、真っ直ぐ歩く。盲導犬ごっこのご褒美にアリーナドッグスクールのユカリちゃん手作りワンちゃんクッキーをあげる。もうアルルは世田谷線の踏み切りをこわがらなくなった。帰り道、ネコ型ベンチが雨に濡れて、座る人もいない。赤堤小学校付近で軍団に遭遇。早速、しつけのされていない犬がこちらに向かって吠えている。アルルも一瞬身構える。
 疲れているのだろう、コボちゃんはマッサージチェアで寝息をたてている。その横で下絵あれこれ。目覚めたコボちゃんに仕上がりを見てもらう。
 ランチの後、コボちゃんはポジのスキャン。熊本へ送信。『生まれてくること』はいよいよ入稿。
 本日は秋葉原無差別殺人から一周年。個人が社会から乖離したことによる惨たらしい結果。被害者は報われない。
 いつもの透析。青木裕子副所長のおもしろ研究所ではゴム銃が話題。同好会があるらしい。小堺所長は夢中になって遊んでいた。ラジオ寄席の真打競演。三遊亭歌武蔵は着実に腕をあげている。元力士という経歴もいい。
 帰宅してビール片手にアクセスを聴く。出演は田中康夫とドン小西。ひさびさ、ファッションの話題に傾聴する。
 ダライラマにパリ名誉市民の称号。中国はフランス政府に抗議したが、知らない顔。政府によるものでなく、パリ市長独自の判断によるものだからだ。そして、パリ市長はフランス社会党。わがオイケンはフランス社会党海外協会日本支部を担っている。
 麻生太郎、就任してから予算を四回提出したと威張っているが、見当違いもいいところ。首相の無能のおかげで、ツケはすべて国民に回される。
 24時半、ラジオ深夜便で藤沢周平作品朗読。『約束』の最終回。この作品は女性による朗読が望ましい。やはり、これを読んで欲しいと思うのは二木てるみさん。25時のニュースを聴いてから眠る。
▲ 駄目総理予算も優柔不断です

◇ 東海道コース 蒲原到着
蒲原を通過しました。次は由比。

0609・火・
 コーヒータイムのあと、コボちゃんは出勤。ひさびさ、しっかりと運動。日記とホームページ執筆は17文字を完成させる。
 街ではクレーンが倒れたり、ボイラーが不完全燃焼したり、考えられない事故が続いている。熟練者が減少している現れではないか。これは雇用形態の変化と大いに関係がある。人間を大切にしなければ、仕事の質も能率も低下するのが当たり前。
 宗教法人がラブホテルを経営して脱税しているというニュース。ずるい奴はどこまでもずるい。
 米国が日本にはF22を売らないという。代わりにF35を買えといっている。以前、三菱が日本国独自の支援戦闘機を開発していたら、米国は慌ててストップをかけたこと、もう忘れているのかな。日本は高性能の軍用機を生産できる潜在能力があるのですよ。
 コボちゃん、疲れて帰宅。患者さんが増えているらしい。アルルを連れて夜の散歩へ。豪徳寺までいったら空腹。アルルを待たせ、デニーズのテラスで食事。アルルが見えるから安心はしていられるが、アルルとしては、ボクらが食事をしているのが見えるから面白くない。目の見えないボクは無視して、じっとコボちゃんをにらんでいたそうな。満腹のボクらと空腹のアルルとで帰宅。
 アクセスは北朝鮮対策の話題。武力行使を主張するリスナーがいるのに驚く。いかなる事態に対しても、武力行使はポーズだけでいい。実際の軍事行動は絶対に回避するべきである。軍事力は抑止力と同意語。腰に帯びた刀も、腰に吊るした拳銃も、抜かずに済ますのが勇者。
▲ ご本尊ちょっと拝みにラブホテル
▲ 買わないよもっといいやつ作るもん

◇ 東海道コース 由比到着

由比を通過しました。
次は興津。

0610・水・
 気象庁が入梅を宣言したらしいが、遅いよ。
 アルルとの散歩から戻ったコボちゃんが、コガラスの飛行訓練目撃を報告。大人のカラスのグループが一羽のコガラスのよたよた飛行を見守っていたという。親切なのか、野次馬なのかは知らないが、カラスが社会的な生き物であることは間違いない。このカラスを都会の厄介者として駆除するのには反対。ゴミをちらかされるのは人間の不精が悪いのだ。カラスは人間の暮らしにスパイスを与えてくれる愉快な存在。
 我が家に入院中のキジバトポッポは日毎に元気になっている。止まり木を利用しているらしく、ウンチも同じ場所に落ちている。
 午前中、伊藤忠の鈴木さんくる。請求書を準備。伊藤忠CSRの森林再生プロジェクトのプロモーションのデザイン打ち合わせ。缶バッジは関わった大人や子供たちに配られるとか。楽しい絵がかけたと思う。
 新鮮なブランドアスパラとブランド豚肉が届く。これでしばらくは食材に困らない。午前中はずっと電話が鳴っていた。ありがたいもの、ありがたくないもの、それぞれ。
 絵門ゆう子さんとの仕事、「ありがとう」が裁断されるとか。残念。彼女との大切な仕事だったのに。30冊をもらえるので、いつまでも大切にしたい。出版がギャンブルになっているのは残念。どうして在庫で残せないのだろうか。文化を見殺しにするような税制がいけないのだ。
 午後、月刊「ラジオ深夜便」締め切り。岩坂優子記者来訪。読者プレゼントの絵本「いつもぶうたれネコ」5冊に絵とサインをいれる。読者から絵本「いつもぶたれネコ」を希望という葉書が複数枚届いたとか。笑う。
 木曜日の講義のリハーサル。絵本『あしたのねこ』の朗読練習。デイキャッチに川柳を投稿したが、相手にしてくれなかった。負けないで挑戦を続けるぞ。新人で終わってなるものか。むむむ。
 中部盲導犬協会の年賀状の彩色プラン。2通り仕上げる予定。いつもの透析。透析中、疲れていたのか、熟睡してしまう。帰宅して、新鮮なアスパラサラダを楽しむ。
▲ 小糠雨青きアスパラ香る湯気

0611・木・
 午前中、絵本『あしたのねこ』の朗読と講義の予習。ランチも録音を聞きながら。洗顔と髭剃り、着替えも録音を聞きながら。ボクが出かける気配を察したのか、キロンが邪魔をする。歩く先、歩く先へいっては倒れこみ、邪魔をする。それを足で払いながら進むのである。
 午後1時半、木村裕一氏が迎えにくる。クルマはジャガー。往路、ふたりで人生を語る。なにしろ31年の付き合いである。
 純心女子大で講義は2単元。
学生の数人に前へ出てもらい、アイマスクをして文字や絵をかいてもらう。目が見えなくても、文字や絵がかけることを理解してもらう。ふたりでのトークのあと、数十分の講演。あまりに静かに聴いているので、ときどきジョークをいれて反応を確かめる。みんな、しっかりと聴いてくれている。あなたはあなたの人生ドラマの主人公。誰もあなたを脇役にする権利などない。これを中心テーマに話す。うまく伝わったと思う。授業の最後に絵本の朗読。ひさびさの絵本『あしたのねこ』の朗読だったが、うまくいった。いくつかの質問があり、答える。授業の最後、教室を出ていく学生たちひとりひとりと握手。みんな可愛い。
 木村氏に家まで送ってもらったら、コボちゃんも同時に帰宅。木村氏が声をかけていた。
 コンピュータを立ち上げたら、不調。またまたトラブルかとショック。でも、思い直して最初からやり直したら無事復活。いつも順調に動いてくれていることに改めて感謝する。
 コボちゃんはビールを飲んでいる。アクセスにホリエモンが出ている。それをBGMに眠る。手ごたえを感じながらのレクチャーは楽しかった。
▲ 学園の森の夕暮れ深呼吸

0612・金・
 ボクが惰眠をむさぼっている間に、WHOがパンデミックのPHASE6を宣言した。これから冬に向かう南半球のための配慮であろう。けれども、この日本ではトンフルエンザ騒ぎは終息しつつある。いいことも、そうでないことも、みんなブームで過ぎていく。それじゃあ進歩も反省もない。
 いつもの朝の運動と日記。シャワーを浴びる。いただいたブランド豚肉と、いただいたブランドアスパラでお洒落ににランチ。どちらもコボちゃんがシンプルに料理したので、旨い。素材の味が生きているのだ。
 絵本「ねこのしつけ」の執筆開始。けれども、まだ全体が見えてこない。
 外は晴天。日差しは強いが風がさわやか。信濃町へ一直線。慶應義塾病院で脳のMRI検査。あいかわらず、慶應義塾病院の窓口は連休中のサービスエリアのように混雑していた。けれども、この病院の検査技師はジェントルマン。どこかの病院の技師とは出来が違う。ボクは今でも、あの技師を許してはいない。検査が終わったら、経堂へまっしぐら。
 帰宅したら、アルルが大歓迎。メールチェックをして、すぐに着替える。デイキャッチは宮台先生と大林監督。以前、大林監督とは福井のイベントでご一緒したことがあった。そのとき、監督は盲導犬アリーナにとても興味を示しておられた。
 いつもの透析。テレビの報道がひどい。空からオタマジャクシと騒いでいるが、それを報じる根拠がどこにあるのだろう。誰もオタマジャクシが空から降るのを目撃はしていないのだ。怪奇現象扱いして大衆に迎合しようとしているが、ちょっと冷静に状況を考えれば、悪戯に決まっている。視聴率のためとはいえ、おバカなニュースには気分が悪くなる。特に最近の報道は世論操作の道具に成り下がっている。
 透析終了後、関君の家で西瓜をもらう。コボちゃんがキロンのためにメジマグロの刺身を買ってくる。キロン、大騒ぎ。ボクはチキンの唐揚げでビール。
 アクセスは政局談義。鳩山総務大臣の更迭騒ぎがあって、これが本日のトップニュース。どんどん麻生太郎の無能ぶりが露見していく。次の選挙を国民の祭りとして、みんなで選挙を盛り上げよう。
▲ 背中から豆鉄砲とは卑怯なり

0613・土・
 本日からケータイを早起きに設定。5時25分に目覚める。窓の外でカラスが騒いでいる。警戒音を発するカラス。呼びかけているカラス。巣離れの季節なので騒いでいるのだろうか。そう思って外へ出ると、どうやらゴミの日に関係あるらしい。あちらこちらでカラスが集会をやらかしているのだった。
 朝の散歩はいつもの豪徳寺への道。途中、アルルがインチキ盲導犬。けれども、この訓練のおかげで、コボちゃんの手が荷物でふさがっているときは、ボクをアルルが誘導する。全面的には信頼できないが、ある程度の距離ならアルルとだけで歩いていける。いつもの花壇でアイスコーヒー。マックでも、アイスコーヒーなら悪くない。ポケットラジオでテレビを聴く。「サタデイズバット」。おバカなテレビバングミばかり、テレビの報道が世論操作の道具になっている昨今、この番組の行政批判は納得。具体的に切り込み、現体制の穴を指摘する。下村健一レポートは毎回楽しみにしていて、そのために、わざわざ外でテレビなんぞを聴いているのだ。
 帰宅していつもの朝の運動と日記。FCのEさんに展覧会履歴を送信。数多く展覧会をしてきたのに、きちんとした記録にしていないのにあせる。過去の記録を参考にまとめる。マジメにプロモーションしてこなかったことを反省する。
 絵本原稿に向かう。荒削りの原案を原稿にしていく。
 パカパカ行進曲をBGMに支度。山下に電話をして、少し遅れることを伝える。小田急線、中央線、山手線で有楽町へ。駅前のビッグカメラは昔のそごうデパート。昭和34年当時のボクの遊び場だった建物だ。再開発が進み、ボクの知らない街になってはいるのだろうが、駅とそごうビルだけは昔と変わっていないのではないかと勝手な空想をする。エレベーターに行列。この大半が読売ホールに向かうのだ。降りると、目の前に山下夫婦が立っていた。12分の遅刻だった。
 午後6時、有楽町読売ホールにて、柳家小三治一門会。驚いたことに、座席は最前列の中央。手を伸ばせば、演者に触れられる距離である。
 この会の志向は弟子たちが師匠の十八番に挑戦するというものだった。中入り後、小三治師匠による特別稽古。自分の弟子たちに稽古した記憶がないという師匠が、公開稽古をするのである。弟子にとっても聴衆にとっても、これは貴重な体験だった。
 演者が登場人物になり切れば、たとえ知っている物語でも、次が聞きたくなる。そういうものだと師匠は語る。言葉や形ではなく、心なのである。ボクが朗読に求めるのもそこ。ひとりひとりの心になれるか否か。それが作品を伝えられるか否かに関わってくる。たとえ、一言の相槌であれ、形で終わってはならないのだ。ボクが朗読に感じていることを、小三治師匠が落語の了見として語っている。最前列、真ん中の席にいると、まるで自分が稽古をつけてもらっているような錯覚に陥り、幸せな気分だった。
 夕食は階下のタイ式レストランで山下夫妻と。メニューが当てにならず、辛くないはずのものも、口の中が火事になる。砂糖をなめながら食べた。けれども、トムヤンクンなどはタイ料理独特のスパイスが効いていて旨かった。
 満腹で電車へ。山下夫婦が中央線を付き合ってくれた。帰宅したのは12時前。楽しかったが、疲れました。
▲ 砂糖なめ辛さ鎮めつタイ料理

◇ 東海道コース 興津到着

興津を通過しました。
 次は江尻。

0614・日・
 疲れていて朝寝坊。コーヒータイムの後、コボちゃんは出勤。
 昨夜、二代目タイガーマスクがリングで帰らぬ人となる。二代目を名乗るくらいであるから、きっと素晴らしいレスラーであったのだろう。ボクは初代タイガーマスクの大ファンで、その試合を録画し、何度もスローモーションで再生して、その動きを楽しませてもらったものだ。ボクは喧嘩をしたことはないが、格闘技は好きで、それなりに鍛えたり、体の動きをコントロールして遊んでいた。経堂には格闘家の通う整骨医があって、ボクのお世話になっていた飲み屋さんに、マスクを外したタイガーマスクもよく現れていた。あの人がそうだ、といわれたが、どうしてもリングの勇姿と重ならず、あまり記憶に残っていない。それほど、リングのタイガーマスクは輝いていたのである。
 今朝のニュースで、思い出した出来事がある。目の見えていた頃、タイガーマスクのかけたバックドロップで、動けなくなった外人レスラーがいたのである。けれども、翌日の新聞に、それに関する記事は掲載されなかった。おそらくは無事であったのだろうが、今でもときどき思い出すことがある。
 午後、仕事に集中できず、頭が働かない。少しの仮眠のつもりが熟睡してしまい、夕方に目覚める。雷注意報が出ていて、ラジオではニッポン放送の電波にだけ、雑音が入っていた。コボちゃんの帰宅時間になると、猛烈な雨。あまりの雨音に、一度外に出たネコが戻ってくる。コボちゃんはずぶ濡れで帰宅。
 野球は巨人軍が3連敗。コボちゃんと西瓜を食べる。アルルがシャリシャリと音をたてて、うまそうに西瓜を食べていた。コボちゃんはビールを飲み、疲れて眠る。ボクはマッサージチェアで落語を楽しむ。パソコンに向かうが、やはり集中できない。
 夜のニュースは千葉市長選挙。ここでも与党候補の敗北。これで麻生太郎政権は3連敗。巨人軍も3連敗。
 ラジオ深夜便でビリージョエルを聴いてから眠る。ニューヨークをビッグアップルということを知る。番組では、このアップルの語源を明らかにしてはいなかったが、ボクはアダムとイブの食べたリンゴと関係があるのではないかと空想した。空腹を忘れて眠る。いくらでも眠れる。
▲ブレブレの豆鉄砲でのたれ死に

◇ 東海道コース 江尻到着

江尻を通過しました。
次は府中。



FC2 Blog Ranking